【すてきな入れ歯】しっかりとかめる入れ歯を目指しましょう!

しっかりと『かめる』お口を目指していきましょう。

健康寿命に大きく影響する食事

特に残りの歯の数が減ってくると『しっかりとかむ』ことができなくなり、良くかまずに飲み込んだり食べやすいものを選んで食事をしてしまうため、消化不良や栄養の偏りなどが出てしまいます。

入れ歯のいいところ、わるいところをしっかりと理解し、正しい方法で入れ歯を使用していきましょう。

目次>

①入れ歯を使用するのはどんな人?
②入れ歯の種類ってどんなのがあるの?
③小さい入れ歯、大きい入れ歯の違いについて
④入れ歯ができるまで
⑤入れ歯のお手入れ方法
⑤サルコペニア:入れ歯の人は特に注意したほうがいい病気について
⑥入れ歯安定剤について

 

①入れ歯を使用するのはどんな人?

虫歯が大きくなりすぎて抜いた場合、歯周病で歯を抜いた場合、先天性欠損(もともと歯がなかった場合)等で歯が少なくなってしまう時があります。そのままにしておくと隣の歯が寄ってきてしまったり、噛み合わせの歯が噛む歯を探して飛び出てきてしまい、結果的にたくさんの歯が悪くなってしまう場合があります。そうならないように歯を抜いた後にはその部分を補う治療が必要になります。歯がなくなった場合治療方法は大きく分けて3パターンになります。

・ブリッジ
・入れ歯
・インプラント

どれが一番いいとかそういったものはなく、それぞれにメリット、デメリットがありますので自分に合った治療方法を選んでいきましょう。今から歯が1本無くなってしまった時を例に話していこうと思います。

 

・ブリッジ

まず条件として前後の歯がないとできません。無くなってしまった歯の前後の歯を大きく削り、かぶせ物が入るような形にします。前後の歯合計2本でない歯を補うような形のかぶせ物を作成し、取り外しのできないようにくっつけていきます。メリットとしてご自身の歯で噛むので噛む感じがあまり変化しませんし、かぶせ物自体が歯の形なのでご自身の違和感は少なめです。デメリットとして3本分の歯を2本の歯で補うため、どうしてもその歯に負担がかかりすぎてしまうこと、取り外しができなく、形も複雑なため汚れがたまりやすく、汚れがたまり歯周病になって歯がダメになってしまうと3本の歯がなくなってしまうことなどがあり、最大のデメリットは前後の歯を大きく削らなくてはいけないことです。歯は一度削ってしまうと二度と戻りませんし、削ればそれだけ歯の寿命は短くなります。

 

・入れ歯

メリットとして歯を削る量が少ない事、取り外しができるので常に清潔に保つことができることができます。また歯磨きもほかの治療に比べると簡単です。

歯と歯茎で支えるため、何本も歯がなくなってしまった場合でも対応できます。

デメリットとして違和感が大きい事、かんだ感覚が自分の歯とは違うこと、保険で作成すると金属のバネが見えてしまうことがあります。保険外ですとかみごごちのいいクッションのような材料をひいた入れ歯や、バネが見えにくい自然な感じの入れ歯があります。

 

・インプラント

 

メリットとしてほかの歯を削る必要が全くない事、かむ力が強い事、自分の歯と同じような感覚で使用でき、違和感がとても少ない事があります。

デメリットとして保険適用ではなく費用がかなり掛かること、手術が必要なこと、治療期間が長い事、入れた後のケアが大切でそれをしないとだめになってしまい、外す時がとても大変なことがあります。ただし歯の無くなっている本数やどの歯が無くなっているかによってはブリッジが難しい場合があります。

そして骨が少なくなってインプラントも難しい場合があります。

そういった人は入れ歯での治療になります。

 

②入れ歯の種類ってどんなのがあるの?

 

入れ歯にも種類がいっぱいあります。

・保険の入れ歯
・金属床義歯
・ノンクラスプデンチャー
・ソフトデンチャー

それぞれにメリット、デメリットがいっぱいあります。

・保険の入れ歯

メリット

安価て作ることができる

デメリット

制限がある

金属が目立つ

厚みがある

・金属床義歯

メリット

丈夫な入れ歯ができる

保険のよりも薄くできるので発音や飲み込む動作に違和感が少ない

金属なので熱を感じやすくご飯をおいしく食べれる

デメリット

金属を使用するので見た目がほかのものと比べれると劣る

・ノンクラスプデンチャー

メリット

バネが目立ちにくく、入れ歯を入れているのがわかりにくい

デメリット

強度的にはやや劣る

しっかり咬みたいという人には物足りない

・ソフトデンチャー

メリット

裏側にシリコンをはるのでかみごこちがいい

見た目が入れ歯を入れているとわかりににくい

金属で補強もできるので強度的にも強い

デメリット

シリコンを張る分入れ歯が厚くなるので薄い入れ歯を入れたい人には不向き

お手入れの方法が他と違い、専用のブラシでしっかりしないといけない

定期的に張り替える必要がある

 

③小さい入れ歯、大きい入れ歯の違いについて

一言で入れ歯と言っても大きさにはかなり違いがあります。
歯と歯の間にある小さな入れ歯から総義歯のような大きな入れ歯。
その中でも特殊なのが奥歯が2、3本無くなってしまった場合。
通常は金属のフックを反対側の歯がある部分まで伸ばして入れ歯を作っていきます。
しかし稀に歯がないところの手前2本だけに金属のバネを付けて小さな入れ歯を使用している人や、小さくできないのかと聞かれることがあります。

確かにその設計でも作成することは可能で間違いではありません。

ではなぜわざわざ反対側まで伸ばすのかというと、伸ばすことによって入れ歯を支える支点が増えて噛んだ時などの安定感がよくなります。

支点は一つよりも二つ、三つと多ければ多いほど安定されます。
片方だけで入れ歯を作ろうとするとどうしても支点が少なくなってしまいます。
ですので安定した入れ歯を作成しようと思ったら反対側まで伸ばす設計になってしまうということになります。

ただし、入れ歯を反対側まで伸ばすとなったらその分、入れ歯が大きくなってしまい違和感は出てしまう恐れがあります。

「違和感が嫌だ!!」という方には違和感が少ない入れ歯として金属床義歯などがあります。

それぞれのメリットデメリットがありますので、相談していただいてご自身にあった方法で作成していくことがベストだと思います。

 

④入れ歯ができるまで

ちゃんとした入れ歯を作るためには時間と回数が必要です。

入れ歯を作成する流れ

 

1,概形(がいけい)印象

2,精密印象

3,咬合採得

4,ロウ義歯試適

5,完成

といったステップがあります。それについて詳しく説明していきます。

 

1,概形(がいけい)印象

入れ歯を作っていくためのかたどりをします。

どうしても入れ歯を作る際にもとからあるカタドリするための型はサイズが一定しかありません。

ご自身にあう入れ歯を作るためには自分に合ったカタドリの型を作成する必要があります。そのためのカタドリです。

いつもこれを説明するのが難しく、「カタドリするためのカタドリ」みたいな言い方になってしまいます。

 

2,精密印象

前回作成した模型を元に最終的なカタドリをするための型を作成し、そちらを使用してカタドリをしていきます。

 

3,咬合採得

入れ歯は咬みあわせが存在しない場合が多く、新しく決めていく必要があります。

唇のハリやしわ、見た目や高さ、前歯の位置や飲み込みやすい場所などを決めていきます。

 

4,ロウ義歯試適

もうここまでくれば完成の一歩手前です。

実際に歯が並んできて、見た目や機能が問題ないか最終チェックします。

 

5,完成

微調整しつつ完成します。

その際出し入れの練習や取扱の注意点、管理方法も説明します。

入れ歯は作成してからが勝負なところがあります。

調整を繰り返してちゃんと使えるようになりますので微調整していきましょう。

 

最初はどうしてもなれませんし痛いです。

入れ歯とうまく付き合うためにはコツが沢山あります。

 

・入れ歯はかんでいれないでください。ばねが変形してしまいます。また無理に入れることで最悪歯が折れてしまいます。

・歯科医師から特別な指示がない限り毎日寝るときは外して水中に保管してください。入れ歯はお口の中にあることを前提に作られています。乾燥すると変形してしまいますので外した時は乾燥させないでください

・入れ歯を洗浄するときは専用のブラシを使ってください。歯ブラシ、特に歯磨き粉を使用するとものによっては傷ついてしまい細菌の温床になってしまいます。

・熱に弱いので熱湯をかけたり、日の近くに置いたり、夏の車の中に置き忘れないでください。

・できるだけご自身の歯で噛んだ感覚を目指して作っていますが、入れ歯はかんだ感触がご自身の歯の4割程度といわれています。新しく作製した場合は痛みが出る可能性があり、その都度調整していってご自身にフィットした入れ歯になっていきます。なので調整に時間がかかります。

 

お口の中は髪の毛1本入ってもあんなにはっきりわかる繊細な組織です。そこにあんなに大きな入れ歯が入るので最初は違和感がとてもあると思います。

入れ歯もお口の中を傷つけようとして入ってるわけではありません。

慣れるまで長い目でみていただければと思います。

また長く使用した入れ歯はなじんできて『かけがえのないもの』になると思います。ただしかしどうしても入れ歯にも寿命があります。

その時は新しいものを作っていきましょう。

 

⑤入れ歯のお手入れ方法

 

・入れ歯はできれば専用のブラシで磨きましょう

その際歯磨き粉は絶対につけないでください。

傷だらけになってしまい、汚れや細菌が付きやすくなってしまいます。

 

・入れ歯の洗浄剤はその入れ歯に合ったものを正しい時間使用してください

入れ歯の洗浄剤は部分入れ歯用、総入れ歯用、ノンクラスプデンチャー用など様々あります。

つけておく時間もそれぞれの商品で違いますので、よく説明書を読んで使用してください。

当院で販売しているのはどのタイプの入れ歯でも大丈夫かつ、短時間でも、一晩つけておいても大丈夫な洗浄剤なのでわかりやすくて安心です。

 

・基本的には夜寝るときは外します

乾燥に弱いので水中に保管してください。

 

・入れ歯を外してる期間が長いと入れ歯があわなくなります

入れ歯を長時間外していると歯が移動して入れ歯があわなくなります。

毎日ちゃんと使用しましょう。

 

・熱によわいです

熱湯消毒や暑いところに放置しないでください。変形します。

 

以上の点を気を付けてください。

 

正しい入れ歯の取り扱いをして毎日健康に過ごしましょう。
せっかく作って、調節して合ってきた大切な入れ歯。

正しい取り扱いをしていかないと、材料が劣化し入れ歯が壊れやすくなってしまうばかりか、

とても怖い誤嚥性肺炎のリスクが増えたり、

ご自身の残っている歯が悪くなってしまったり、

入れ歯が変形して再度合わなくなってしまうなどのリスクがあります。

入れ歯の取り扱い方法は動画で作成しましたのでそれを見ていただければと思います。

 

⑥サルコペニア:入れ歯の人は特に注意したほうがいい病気について

 

歯の本数が少なくなってくると食事をすることが大変になり、柔らかい食べ物で済ませてしまう傾向があります。

食パン、菓子パン、ごはん、うどん、おかゆ

そう、『食べやすい炭水化物』を多くとってしまい、『たんぱく質』の量がかなり少なくなってしまいます。

たんぱく質のが減ってくると体の筋肉量が減ってきます。

特に高齢者の場合筋肉はとても重要です。

 

『サルコペニア』という病気をご存じでしょうか。

サルコペニアとは加齢によって筋肉が低下することを言います。

高齢者の筋肉の低下は転倒、骨折のリスクや心肺機能の低下、嚥下障害まで引き起こす可能性があります。

 

この筋肉の減少を少なくするために、たんぱく質を食べる事が大切です。

一日で必要とされるたんぱく質の量は『体重1kgごとに1g』とされています。

かりに自分の体重60kgだとしたら60gのたんぱく質

あくまでたんぱく質の量ですので鳥のささみの量でいうと250gぐらい必要です。

ささみ250gとなると頑張って食べなくてはいけないぐらいの量です。

 

では日々の食事を見直してみましょう。

必要なたんぱく質の量を食べていますか?

年齢に問わず必要なたんぱく質の量を毎日ちゃんと食べられてる人は少ないと思います。

 

特に歯の本数が少なくなってきている人や歯周病で歯がグラグラしている人。

お肉は噛む回数が増えるし食べることが炭水化物に比べて大変です。

 

お肉を食べやすいようにちっちゃく切って食べる事も大切なのですが、まずは歯医者さんで自分の歯や入れ歯を見てもらいましょう。

虫歯を治したり、入れ歯を作ったり、歯周病の治療をすることで、もっとご飯が食べやすくなると思います。
特にお肉はしっかり噛めないと食べにくいです。

お口の中をよくすると一緒に、しっかりとたんぱく質を食べてサルコペニアを予防していきましょう。

 

⑦入れ歯安定剤について

 

入れ歯安定剤を使用したことがありますか?

CMとかで入れ歯安定剤を見るけど使用したほうがいいかわからない。

そんな方もいると思います。

実際入れ歯安定剤はどんなものなのでしょうか。

まずは入れ歯安定剤の目的です。

入れ歯がガタついたり、痛みが出たり、外れやすかったりした場合に入れ歯を安定させるために使用されるものです。

 

種類として…
パウダータイプ

クリームタイプ

シートタイプ

クッションタイプ

と様々な種類があります。

 

それぞれ厚みであったり性質が異なるので用途に合わせて歯科医と相談しながら使用されることをおススメします。

注意すべきこととして長期にわたって使用するとかみ合わせが悪くなったり、あごの骨がダメージを受けて吸収(溶けて)しまったりすることがあります。

基本は安定剤を使用しなくても使えるように入れ歯を調整する必要があります。

あくまでも補助的(一時的)に使用することをおススメします!!

それぞれの特徴です。

 

・パウダータイプ

粉をふきかけるタイプになります。

とても薄く使用できるため入れ歯がもともとの位置に収まってくれやすいため、もし使用するのであれば一番おススメです。

欠点は取れやすいため頻回にふりかけなくてはいけないことです。ですのでその分費用が掛かります。

 

2、クリームタイプ

クリームをちょんちょんつけるタイプです。

薄く塗るには少しテクニックと手間がかかります。

油断すると厚くなって入れ歯が変なところで収まってしまうため少し難しいです。

 

3、シートタイプ

 正直見たことも、使用している話を聞いたこともありません。

厚くなってしまうため、使用は難しい印象はあります。

剥がしやすくて入れ歯を掃除しやすそうなイメージはあります。

 

4、クッションタイプ。

かなりあごの骨に負担がかかり、骨が溶けてしまうリスクが高く、クッションタイプを使用するとあっていない入れ歯も無理やり使用することができるため使用が長期になりがちです。もし使用している人がいたらご相談ください。

 

よくCMとかで使用を推奨しているようですが実は使い方が難しい入れ歯安定剤。

使用しなくても大丈夫ならそれに越したことはありません。

何か入れ歯の事でお困りのことがあったら何でもご相談ください!

 

image
入れ歯について

〒272-0025 千葉県市川市大和田2-13-24

【日曜診療・ネット予約可・矯正相談大歓迎】

ペア歯科医院市川診療所 森大智

ご予約はこちらから

WEB予約はこちら WEB予約はこちら 電話予約はこちら
menu