歯科情報

[デンタルフロス]毎日使用できるようになるコツ5選「わかっているのに続けられない人へ」

2021.02.01

フロアフロス

デンタルフロスを毎日使用していますか?せっかく矯正治療やセラミック治療を行ってキレイになった歯も虫歯や歯周病になってしまったら悲しいです。

今回はそんな口腔ケアで大切な『デンタルフロス』を毎日使用する秘訣を説明していきます。

特にデンタルフロスを毎日やらなくてはいけないのをわかっているのに続けられない人におススメの記事です。

そもそもデンタルフロスを使用する理由をご存じでしょうか。

これは実際にフロスを使用していただけるとすごく実感できます。

デンタルフロスは歯と歯の間の汚れをごっそり取ってくれます。

歯ブラシだけでは歯と歯の間の汚れは取り切れません。

しっかり歯ブラシした後でフロスを通してもらうと驚くぐらい汚れが取れます。

そしてそのあとフロスのにおいを嗅いでみるとすごく臭いと思います。

 

『大切なフロス』なのですがいざ使おうとするとかなり大変。

使い方も難しいので、使用方法は歯医者さんに聞いてもらうとして『時間』と『手間』もそこそこかかります。

ですので、今回はそんな『デンタルフロスを毎日使用できるようになるコツ5選』をご紹介できればと思います。

 

①歯ブラシ前に使用する

デンタルフロスを歯ブラシより先にしましょう。

歯ブラシを先にしてしまうとどうしてもフロスが面倒になり、「今日はいいや、明日やろ」と思ってしまいがち。

そうなる前にまずはデンタルフロスで歯と歯の間をきれいにしてから歯磨きをしましょう。

 

②とりあえず1週間頑張る気持ちでやる

まずは1週間、必ずやる!という気持ちで始めてみてください。

目標を決めるだけで気持ちが全然違います。

そして1週間後には、「フロスをしなくては気持ち悪い感覚」になると思います。

 

③フロス使用後にフロスのにおいをかいでみる

フロスの使用して初めの方はとても臭いです。

ただし続けていくとだんだん「におい」がしなくなり、ほぼ無臭になります。

その違いや、初めの「くさい!」のインパクトで続けなきゃ!って気持ちになってくれると思います。

 

④いいフロスを使ってみる

当院でおススメなのは『フロアフロス』

いいフロスは使いやすいし汚れも取りやすいです。

また使わなくてはもったいない!と自分へのプレッシャーになります。

ちゃんと使い切れば全くもったいなくはないため、ぜひ検討してください。

 

⑤それでもだめなら自分のお口の中の汚れている現実を直視してみる

『歯垢染め出し液』『プラークチェッカー』というものをご存じでしょうか。

これはお口の中にある歯垢を赤色とかに染め出して、汚れている所を見やすくするもです。

子供のころやったことがある人や、歯医者さんでやったことがある人もいると思います。

少し手間なのですが、これを使用すると汚れている所がハッキリとわかり、フロスの重要性をより感じることができると思います。

また定期的にやることで日ごろ、どこが磨けていないかその人の気を付けなくてはいけない所もわかるのでぜひやってみてください。

 

以上の5つです。

これをやっていただくと皆さん毎日できるようになると思います。

そして1番大切なことは『フロスを正しく使用する』ことです。

使用方法は行きつけの歯医者さんにぜひ聞いてください。

間違ったやり方ですと逆に歯茎を傷めてしまうこともあります。

『正しい使い方』で『毎日意識せずとも』デンタルフロスを使えるようになりましょう。

 

 

口腔ケアの方法等、詳しくはこちらまで

【歯科医推奨口腔ケア方法まとめ】今日から始める口臭対策,歯ブラシの方法と順番,歯周病の治療

 

〒272-0025 千葉県市川市大和田2-13-24

【日曜診療・ネット予約可・矯正相談大歓迎】

きれいで安心・安全な親子で通える歯医者さん

ペア歯科医院 市川診療所 森大智

過去の記事リストはここをクリックしてください


あわせて読んでいただきたい記事

 

【ぽかん口】口呼吸の楽しい治し方『動画付き』

 

当院で行っている感染症対策、動画でまとめました。

 

【解説動画付き】マウスピース矯正のわかりやすい始め方

 

【動画で解説】歯医者さんでのマウスピースの作り方

 

【模型の動画で説明】まっすぐに生えている親知らずの歯茎に優しく、簡単に抜く方法(動画付き)

 

【動画付き】歯を削らずに治療する・虫歯になりにくくする治療『シーラント』
 

ご予約はこちらから

WEB予約はこちら WEB予約はこちら 電話予約はこちら
menu