歯科情報

20代でも入れ歯の人っているの??入れ歯という治療法について

2020.08.12

「20歳で入れ歯」と聞くと悪いイメージがありますか?

実は20歳代で入れ歯はよくある話ですし、悪い話でもありません。

一番多いのは大人の歯がもともとなかった方。先天性欠損というものです。

大人の歯で前から4番目や5番目の歯が生まれつきない方がいます。

20代ぐらいまでは乳歯が頑張って残ってくれることが多いのですが、30歳前後ぐらいで乳歯は自然と抜けてしまうことが多いです。

無くなってしまった歯をそのままにしておくと、両隣の歯が倒れてきたり、かみ合わせの歯が飛び出てきたりとほかの歯がダメになってしまいます。

 

 

何か治療をするとなると方法は大きく分けて3つ

①両隣の歯をたくさん削ってブリッジにする

②入れ歯にする

③インプラントにする

があります。

健康な歯はあんまり削りたくないし、インプラントも考えているけどちょっと怖いしって方は意外と多いです。

そこでひとまず入れ歯を作り、ほかの歯を守りつつ、今後インプラントにしていくか、このまま入れ歯をしていくか、それとも両隣の歯を削ってブリッジにしていくのかを考えていけるメリットがあります。

特にまだ20代だとこれから先がかなり長いですし、その後の『生活習慣』や『考え方』も時間が経つと大きく変わっていきます。

メリット、デメリットがあるものを選択することは『その時はいい』と思ったことも、時間とともに変わってきて当然です。

『ひとまず入れ歯を入れておいて、しばらく考えてみる』はすごくいいやり方だと思います。

 

同じような話で、前から6番目の大人の歯は6歳ごろに生えてきます。

その歯が昔に虫歯になってしまい、大人になるにつれて虫歯が進行し、

20歳代でもう抜かなくてはならないぐらい歯が残っていない方もいます。

そういった方もひとまず入れ歯を入れておいて、後々考える治療を選択する方が多いです。

 

また多いのは歯医者さんが嫌いすぎて歯の本数が少なくなってしまった方や忙しすぎて歯医者さんに行けたかった方。

「若くして奥歯が無いなんて、歯医者さんに行ったら何言われるか怖くて行けない」

そう思って余計そのまま我慢してしまう人も多いです。

そんな方はネットを駆使して自分に合っている先生を探して歯医者さんに早めに行きましょう。

時間を置いてしまっても悪化してしまうばかりです。

ちなみにそういった患者さんの治療はまずは痛みを取る治療と歯医者さんになれる治療を行い、

次に入れ歯を作って『見た目』と『かみ合わせ』の回復からする場合がおおいです。

 

20歳代で入れ歯の人が一定数いらっしゃいます。

ただし入れ歯の人は入れ歯が入っていることを人に言っていないことと、奥歯だと目立たないため20歳代で入れ歯の人がいないイメージになっていると思います。

入れ歯には入れ歯のメリットもたくさんあるため、ご自身にあった治療方法を選択していきましょう。

 

また、みためのきれいなノンクラスプデンチャーについては

【ノンクラスプデンチャー】金属のない見た目がきれいな入れ歯の実際

をみて下さい

 

〒272-0025 千葉県市川市大和田2-13-24

【日曜診療・ネット予約可・矯正相談大歓迎】

きれいで安心・安全な親子で通える入れ歯の疑問に答える歯医者さん

ペア歯科医院 市川診療所 森大智

過去の記事リストはここをクリックしてください

 


当院人気記事5選

 

【みんなの疑問】こどもの矯正治療はいつから始めたほうがいいの??

 

【歯の抜き方】歯医者さんで歯をどうやって抜いているの?

 

乳歯と永久歯の見分け方、どれが大人の歯???

 

ステファン曲線~虫歯になりやすいかどうかが決まる大きな一つ~

 

簡単で経済的で虫歯予防効果が高い、フッ化物洗口がおすすめ!

 

 

ご予約はこちらから

WEB予約はこちら WEB予約はこちら 電話予約はこちら
menu