歯科情報

【睡眠時の歯ぎしり】寝ているときに歯ぎしりがうるさいといわれる

2020.08.29

上顎骨隆起

寝ているときに歯ぎしりがうるさいと言われたことはありませんか?

もしくはパートナーの歯ぎしりに悩まされたことはありませんか?

 

寝ているときの歯ぎしりは起きているときに噛む力よりかなり強く噛んでいると言われています。

そんな強い力で毎日ギリギリやっているとデメリットがいくつも出てしまいます。

今回は歯ぎしりのデメリットと注意してほしい事の話です。

まず歯ぎしりのデメリットから

・歯がすり減って平らになる

・強い力がかかることで歯がたわみ、かけてくる、最悪折れる

・知覚過敏がでてしまう、治らない

・顎にも負担がかかり、顎関節症になるリスクが上がる

・歯周病の進行が速くなる

・パートナーが心配になる

 

などなどあります。

では対処方法はどうでしょうか。

 

①顎をよくマッサージ、ストレッチする

顎の筋肉をよくマッサージしてください。

方法は歯医者さんで習いましょう。

噛む筋肉は寝ているときに力が入っているのですごく疲れています。

マッサージとストレッチをしてあげてリラックスさせましょう。

 

②マウスピースを使う

マウスピースで歯や歯茎を保護してあげるのも有効です。

歯は一度かけるともとに戻りません。

欠けないようにマウスピースで保護してあげるのはすごく有効です。

作製の際はカタドリをするだけでその次に来院される際にお渡しできます。

 

まずはここからだと思います。

歯ぎしりはなかなか無くならないので長い付き合いになるのですが歯を守っていきましょう。

 

また小さい子の歯ぎしりは様子を見ていくことが多いです。

見ているとかなり心配になると思うし、原因はストレスではないかと思ったりするのですが、子供の歯ぎしりの原因はわかっていなく、ストレスのせいではないと思いますので安心してください。

 

また歯ぎしりをしていると『骨隆起』と呼ばれる骨ができてしまう場合があるのであわせて

『骨隆起~下の歯の内側の骨がボコボコしている人~』

も読んでください。

 

〒272-0025 千葉県市川市大和田2-13-24

【日曜診療・ネット予約可・矯正相談大歓迎】

きれいで安心・安全な親子で通える歯医者さん

ペア歯科医院 市川診療所 森大智

 


当院人気記事5選

【歯医者が考える】安心できる歯医者の選び方

 

 

【歯の抜き方】歯医者さんで歯をどうやって抜いているの?

 

 

乳歯と永久歯の見分け方、どれが大人の歯???

 

 

ステファン曲線~虫歯になりやすいかどうかが決まる大きな一つ~

 

 

簡単で経済的で虫歯予防効果が高い、フッ化物洗口がおすすめ!

 

ご予約はこちらから

WEB予約はこちら 電話予約はこちら
menu