歯科情報

保険で治療すると『銀色』になるか『白く』治るの虫歯の違いと理由!

2020.07.06

保険治療で治療する際、金属で治さななくてはいけない虫歯と、白くプラスチックで治せる虫歯の違いをご存じでしょうか。

この二つの明確な違いは

『口の中で治せるか、治せないか』

になります。

虫歯が小さい場合、残っている歯が多いのでお口の中で歯の形を作ることができます。

ですので虫歯が小さいときはプラスチックで簡単に治せます。

 

ではお口の中で治せない場合とはどういった虫歯でしょうか。

 

①隣の歯とぶつかっているところがかなり大きい虫歯になっている。

 

奥歯の隣の歯とぶつかっているところはお口の中で治すのがかなり困難です。

歯とは歯お互いに押し合っていて、そこが緩いと食べ物がどんどん詰まってしまいます。

小さい隙間でしたらお口の中で形を作ることができるのですが、虫歯の範囲が広くなってしまうとお口の中で形を作ることが不可能になってしまいます。

ですのでカタドリをし、お口の外で詰め物を作ってからお口の中で調整をしてつけていきます。

そのお口の外で歯を作ると保険治療では金属しか使うことができないので銀色になってしまします。

 

②虫歯が大きすぎて歯の神経が死んでしまった場合、以前治療して神経ない場合

 

歯の神経を治療した歯は最終的には被せものの治療を行っていきます。

そして奥歯の被せものは特殊な条件を除き金属になってしまいます。

 

基本的にはお口の中で作れるのであればプラスチック

お口の外で作らなくてはならないぐらい大きければ金属

になります。

 

小さな虫歯は保険治療でもきれいに白く治せるのでお口の中に気になっているところがありましたら早めになおしていきましょう。

〒272-0025 千葉県市川市大和田2-13-24

【日曜診療・ネット予約可・矯正相談大歓迎】

きれいで安心・安全な親子で通える入れ歯の専門家がいる優しい歯医者さん

ペア歯科医院 市川診療所 森大智


当院人気記事5選

【宣言解除後】新型コロナ第二波が来る前にやっと方がいい歯科治療10選

 

【歯の抜き方】歯医者さんで歯をどうやって抜いているの?

 

乳歯と永久歯の見分け方、どれが大人の歯???

 

ステファン曲線~虫歯になりやすいかどうかが決まる大きな一つ~

 

簡単で経済的で虫歯予防効果が高い、フッ化物洗口がおすすめ!

 

ご予約はこちらから

WEB予約はこちら 電話予約はこちら
menu