歯科情報

あごの先端(おとがい)があるのは人間だけ!なぜ存在しているのかわからない部位

2020.11.28

『おとがい』という言葉を聞いたことがありますか?

おとがい(頤)とはあごの先端の部分を指す部位で、ボクシングとかでは『チン』と呼ばれ、人間の急所の一つです。

実はこのおとがい、人間にしかありません。

人間の進化の過程で、新人類ごろからこの『おとがい』が存在しています。

あごの先が出てくる進化はすごいですよね。

そしてさらに面白い所はおとがいが存在している理由がまだ不明なことです。

おとがいの役割にはいろいろな説がありますがどれが正しいのかわかっておりません。

なんなら、おとがいなんて無くても問題ないのでは?と言われてしまうほどです。

 

そんな謎な存在のおとがい。

よく矯正の手術の際におとがいが切られて短くなっているのを見ていました。

おとがいを切ると見た目がすごく変わります。

 

そんなちょっとかわいそうおとがいなのですが現在大活躍中です。

それは

「おとがいのおかげでマスクがズレないし密着してくれる!」

マスクはあごまでかけましょう。

 

〒272-0025 千葉県市川市大和田2-13-24

【日曜診療・ネット予約可・矯正相談大歓迎】

きれいで安心・安全な親子で通える歯医者さん

ペア歯科医院 市川診療所 森大智

過去の記事リストはここをクリックしてください


あわせて読んでいただきたい記事

 

【ぽかん口】口呼吸の楽しい治し方『動画付き』

 

当院で行っている感染症対策、動画でまとめました。

 

【解説動画付き】マウスピース矯正のわかりやすい始め方

 

【動画で解説】歯医者さんでのマウスピースの作り方

 

【模型の動画で説明】まっすぐに生えている親知らずの歯茎に優しく、簡単に抜く方法(動画付き)

 

【動画付き】歯を削らずに治療する・虫歯になりにくくする治療『シーラント』

 

ご予約はこちらから

WEB予約はこちら WEB予約はこちら 電話予約はこちら
menu