歯科情報

【静脈内鎮静法】歯医者さんで点滴!リラックスしながら治療

2020.10.29

静脈内鎮静法という治療をご存じでしょうか。

歯医者さんが嫌いで嫌いでどうしようもないけど治療も受けたい人におすすめです。

静脈内鎮静法とは、点滴からリラックスするお薬を入れて、うとうとしている間に歯科治療を受ける方法です。

たまに胃カメラを飲むときに使用する方法でもあります。

お薬の効果で、不安が減り、少しぼわっとしている間に治療を受けることができ、記憶も所々あいまいになるので終わった後治療がすぐに終わった気持ちになれます。

 

治療の方法です。

まず生体情報モニターをつけて、『心電図』『血圧』『酸素飽和度』を経時的に測定します。

その後点滴をとり、そこからお薬を入れます。

お薬を入れるとリラックスし、少しフワフワした気持ちになり、眠たくなってきます。

注意してほしいところは完全に寝るわけではないため、意識があることです。

静脈内鎮静法をしたことがある人の中には完全に寝ている間に治療が終わってたという人がいますが、実は治療している最中の記憶があいまいなだけで、起きていることがほとんどです。

 

少し落ち着いてきたころで予定していた治療を開始していきます。

ここでも注意点です。

歯科治療はお口の中で治療をしていくため、お口の中に水が溜まります。

こちらで吸っていきますのでお鼻で深呼吸するように注意してください。

 

治療が終わるとしばらく休んでもらい、ふらつきや眠気が完全に覚めたころに帰ります。

人によってお薬の切れる時間が違うため、十分な時間が取れるときに治療を行っていきましょう。

またその後は判断力が鈍る可能性があるため、車や自転車の運転は禁止です。

出来れば付き添いの人と一緒に来院しましょう。

 

治療の流れは以上になります。

歯科恐怖症の方や、抜歯が怖い人、だけど治療を受けなくてはと思っている人はぜひ相談していただければと思います。

 

〒272-0025 千葉県市川市大和田2-13-24

【日曜診療・ネット予約可・矯正相談大歓迎】

きれいで安心・安全な親子で通える歯医者さん

ペア歯科医院 市川診療所 森大智

過去の記事リストはここをクリックしてください

 


あわせて読んでいただきたい記事

 

【ぽかん口】口呼吸の楽しい治し方『動画付き』

 

当院で行っている感染症対策、動画でまとめました。

 

【解説動画付き】マウスピース矯正のわかりやすい始め方

 

【動画で解説】歯医者さんでのマウスピースの作り方

 

【模型の動画で説明】まっすぐに生えている親知らずの歯茎に優しく、簡単に抜く方法(動画付き)

 

【動画付き】歯を削らずに治療する・虫歯になりにくくする治療『シーラント』

ご予約はこちらから

WEB予約はこちら WEB予約はこちら 電話予約はこちら
menu