歯科情報

【抜歯予定の人に】歯を抜いた後、できるだけ痛みを抑える方法4選

2020.10.31

歯を抜く抜歯

歯を抜くのは嫌ですよね。

しかし抜いた後に痛くなるのはもっとイヤ。

ここで必見、歯を抜いた後にできるだけ痛みを抑える方法があります。

今回は歯を抜く前、抜いた後にできるだけ痛くならないように注意していただきたいポイントをわかりやすく説明していきます。

歯を抜く前に2つ、抜いた後に3つあります。

歯を抜く前

・できるだけお口の中をきれいにしておく

お口の中に細菌が多いと抜いた傷口が化膿しやすいです。

歯を抜く前にできる限りきれいにし、細菌を減らしていきましょう。

特に抜く歯、

抜く歯ではあるのですが抜くまでに歯茎ができるだけ落ち着いていた方が抜いた後の治りがいいです。

しっかりと磨いて歯茎をよくしておきましょう。

 

・体調をよくしておく

この後歯を抜いて傷口を治さないといけません。

体力をしっかり蓄えておきましょう。

特に風邪とかをひいてしまうと手術が延期になってしまう場合があります。

前日はゆっくり休んで歯を抜くことに備えましょう。

 

歯を抜いた後

 

・歯を抜いた穴にできる血液のふたを守る

これが一番の大切になります。

歯を抜いた後『血餅』という血液のふたができます。

その血餅が安定するまで時間がかかります。

その間にこの血餅を抜いた穴にとどめておく必要があります。

具体的には

①うがいをたくさんしない、強くブクブクしない

→血餅が流れてしまいます

②運動、飲酒、長湯を避ける

→血流がよくなって血餅が保持されません

③傷口をいじらない

→血餅が壊されます

抜歯後に強い痛みが出てしまう原因に、ドライソケットというものがあります。

これは歯を抜いたことで出てくる骨が血餅に覆われず、骨がむき出しになってしまう病気です。

かなりの痛みを伴うのでできるだけ血餅を守るようにしましょう

 

・痛み止めを適切に服用する

お口の中に傷ができるので痛いのは痛いです。

痛い時は無理せずに痛み止めを飲みましょう。

ただし服用の量や感覚はお薬によって変わります。

痛みが取れない場合は主治医に相談しましょう。

 

歯を抜いた後の注意点はまだまだあるのですが痛みが出にくい方法をピックアップして紹介しました。

これから歯を抜くことを考えている人の参考になればと思います。

 

〒272-0025 千葉県市川市大和田2-13-24

【日曜診療・ネット予約可・矯正相談大歓迎】

きれいで安心・安全な親子で通える歯医者さん

ペア歯科医院 市川診療所 森大智

過去の記事リストはここをクリックしてください

 


あわせて読んでいただきたい記事

 

【ぽかん口】口呼吸の楽しい治し方『動画付き』

 

当院で行っている感染症対策、動画でまとめました。

 

【解説動画付き】マウスピース矯正のわかりやすい始め方

 

【動画で解説】歯医者さんでのマウスピースの作り方

 

【模型の動画で説明】まっすぐに生えている親知らずの歯茎に優しく、簡単に抜く方法(動画付き)

 

【動画付き】歯を削らずに治療する・虫歯になりにくくする治療『シーラント』

 

 

 

ご予約はこちらから

WEB予約はこちら WEB予約はこちら 電話予約はこちら
menu